相場はどんな感じ? | 居心地の良いスナックで楽しい時間を過ごそう!

相場はどんな感じ?

「相場はどんな感じ?」のフォトです。

長時間安く飲むことができる飲み屋としてのイメージが大きいスナックですが、実際に初めて利用する男性にとってはどのくらい料金が掛かってしまうのか不安に感じている男性も多いのではないでしょうか。お店も色々あるので、安く設定されているお店もあれば、高額に設定されているお店もあります。安いか高いか判断するためにも、まずはスナックの相場を知っておくといいでしょう。スナックは、基本的にフリータイムのところが多いので、フリータイムの料金は4000円前後となっています。ただ、フリータイムを設けているところは、必ずボトルを卸さなければならない条件のあるところが多いため、最初に利用する際には、有料ボトルの料金を支払う必要があります。有料ボトルは、一般的に知られているようなボトルのお酒を指します。有名なのは、いいちこ、黒霧島などではないでしょうか。有料ボトルには、麦焼酎、芋焼酎、ウイスキー、ブランデー、梅酒、その他など色々な種類のお酒のボトルがあり、お酒の種類によって金額が異なります。大体のスナックは、6000円〜のところが多いです。最低金額が6000円ですが、他の飲み屋に比べると少し安めに設定されているのではないでしょうか。最初に有料ボトルを卸してしまえば、後は基本料金のみで過ごすことができるため、安く済ませることが可能となっています。そこに、女性が好きなドリンクを飲んだ際の料金が加算されると考えるといいでしょう。有料ボトルを一緒に飲むことも出来るので、好きなやり方で遊ぶといいでしょう。炭酸ジュースなどの割りものを頼まないと飲めないようなボトルは、割りもの代がかかってしまうので、注意しましょう。